黑木香

栏目:日本女星来源:热心网友投稿时间:2015-04-10
黑木香
  黑木香(くろきかおる、1965年1月21日[1]-)は、1980年代后半に活动した日本のAV女优。その特异なキャラクターが重宝されてテレビ番组に多数出演し、日本で高い知名度を持っていた。
  経歴[编集]
  鹿児岛県鹿屋市出身。女子学院高等学校卒业后、横浜国立大学に入学[2]、イタリア美术を専攻。同校在籍中の1986年、イタリア留学の费用を自ら工面するためアダルトビデオ(AV)デビュー。デビュー作『SMぽいの好き』(クリスタル映像)が异例の大ヒット。AVファンだけでなく、一般にもその名を知られるようになる。
  当时女子大生がAV进出することは珍しい时代ではなくなっていたが、大学名を公开した现役の国立大学の学生の出演は异例であった。ゴールデンタイムのテレビ番组にも出演。「良家の令嬢」でありながら卑猥な言叶を连呼し、16歳以降剃ったことのないというわき毛を大胆に露出して、絶顶时にはホラ贝を吹き鸣らすという意外性は、当时一世を风靡した。
  なお、学业については、一跃有名になってしまい多忙が続いたことや多々の理由で通学が困难になり、长期欠席状态が続いたため横浜国立大学教育学部美术学科を除籍されたという[3]。 来源,出处娱.乐网http://www,
  一人称は「わたくし」で、「私思いますに…でございます」という上品な言叶遣い[2]、话し方ではあったが、その内容は言叶の端々に性交に関することを织り交ぜていた。
  村西とおるとは爱人関係にあった[1][2]。村西が実质的な経営者だったダイヤモンド映像の系列会社・ビックマンの取缔役にもなり、村西が东京・渋谷に出店した高级焼肉店「香贵苑」のママにもなったが[4]、村西と“村西のギャラの不払い”により别れたあと引退。1994年、东京都中野区のホテルの2阶から転落したが、一命を取りとめる[2]。この后、病院に入院してリハビリに励んだ。
  その后も消息を报じるマスメディアが絶えなかったが、1999年に流出したビデオの内容を掲载した『週刊现代』や『アサヒ芸能』の発行元をプライバシー侵害で诉えたのをはじめ、2002年に近况を报じた『女性セブン』、2004年に近况と写真を掲载した『週刊ポスト』の各発行元を同様にプライバシー侵害で诉え、いずれも2006年に胜诉した[5]。
  作品[编集]
  アダルトビデオ[编集]
  SMぽいの好き(クリスタル映像、1986年10月2日)
  爱虐の宴(クリスタル映像、1986年11月13日) 娱,乐.网 来,自
  SM隷奴(スタジオ418、1986年12月15日)…「黒木薫」として出演
  主演作品は上记3作のみ。他助演、部分出演作品多数
  出演[编集]
  テレビドラマ[编集]
  必杀スペシャル・新春决定版!大奥、春日野局の秘密主水、露天风吕で初仕事(ABCテレビ)-おえい役
  必杀スペシャル・春一番仕事人、京都へ行く闇讨人の谜の首领!(ABCテレビ)-お香役
  バラエティ[编集]
  新春かくし芸大会(フジテレビ)
  オールナイトフジ(フジテレビ)
  声优[编集]
  金曜ロードショー/エーゲ海に捧ぐ(1988年7月8日、日本テレビ)-チチョリーナ役
  著书[编集]
  『性の构造』(共著:伊藤比吕美、作品社、1987年)
  『フルーツ白书』(ワニブックス、1987年)
  『自堕落にもほどがある』(ネスコ、1987年)
  『女と男の间には―黑木香対谈集』(飞鸟新社、1987年)
  『爆笑対谈集パブロフの犬のよだれ―欲望の条件反射』(ライトプレス出版社、1988年)
相关文章
视觉美图
    最新推荐
    随机推荐